国内業者と海外業者の違い

国内業者と海外業者の違い

バイナリーオプションは国内業者と海外業者が存在します。

 

2013年の国内バイナリーオプション自主規制によって、国内業者と海外業者では全く別物の投資商品になってしまったと言っても過言ではありません。

 

国内と海外それぞれの特色を理解し、自分に合ったバイナリー業者を見つけましょう。

 

 

 

国内業者の特徴

 

安全!

国内でバイナリーオプションを取り扱っている業者は原則的にFX業者です。

 

日本国内のFX業者は信託保全が義務付けられいますので、いざという時は我々の財産を日本の金融庁が守ってくれます。

 

従って、国内のバイナリーオプション業者の場合、安心してお金を預けられるという最大のメリットがあります。

 

 

資金移動が楽

今でこそネッテラーとの提携などで、資金移動がスムーズにいく海外業者も増えてきましたが、すべての海外業者が簡単に資金移動できるわけではありません。

 

その点、国内業者はリアルタイム入金に対応していたりと、資金管理の利便性は海外業者と比べ計り知れません。

 

 

 

海外業者の特徴

 

判定時間が短期間のトレードが可能!

国内でのバイナリーオプション自主規制が入る前の5分や10分のハイ&ローや、超短時間トレードの「60セカンド」など、国内業者に比べはるかに勝ちやすい形態でトレードできることが海外業者の最大強みです。

 

魅力的なキャンペーン!

海外口座では入金額の50%やら100%やらと破格のボーナスが貰える業者が非常に多いのです!

 

もちろん、ボーナスを受け取るには一定の取引回数をこなさなければいけませんが、初期段階で非常に有利に進められることは間違いないので、お得なキャンペーンをとことん利用しまくりましょう♪

 

安全性に難あり

海外業者は日本の金融庁の許可を取っていません。

 

つまり、海外業者に預けたお金は、最悪の場合返ってこない可能性があることを意識しなくてはいけません。

 

入金報告が多数ある、Netteler(ネッテラー)と提携している(ネッテラー社の審査は厳しくて有名)など、安全性が高い業者を選択することが重要です。

 

 


HOME お問い合わせ